<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


痛かったー

ラッキーを獣医さんへ
土曜日に獣医さんへ行ったのは初めて 混雑しています
そして大きなワンちゃんが多く ワンワンとそれは賑やかなこと

タクシーの中でグギャー グギャーと騒いでいたラッキーも 静かに


ラッキーの番になり 何時もの優しい女先生

肛門腺を絞るのに(この頃は搾り出すだけでは出なくなり 指を入れて掻き出されます)

助手の人 一人だったのが二人になり 3人になり

押さえつけられて、、、グギャー グギャーと 小さな声で悲鳴を上げているけど

何時ものようにあの 臭い ドロッとした物が出ないらしい

袋はあるのですが出てないらしい

”腫れているので注射をして一週間薬を飲んで 腫れが治まったところで もう一度しましょう

管も洗いましょう 腫瘍の検査もしておきます”、、、と


帰りもか弱い声を出して鳴いていましたが 家に帰り部屋へ出てEカラーをを着けながら

顔を見たら 目から涙が溢れている

痛かったし恐怖心いっぱいだったのでしょう 


痛かった・・・・
b0155830_16263875.jpg


やっと落ち着いて ウトウト
b0155830_16304797.jpg




腫瘍の検査結果は何事もなく 次は一週間後(土)の午後に

半年に一回痛い目にあいます  その上 今回のようにこじれることこれで3回目です
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-30 16:33

またまた ラッキーさん

ラッキーが また肛門線が。。。

この猫は自分で自然に出ない構造になっているのか 定期的に肛門腺を絞り?に行くのです
先回は12月だったので 次は「6月にまた来てください」と言われていたのですが。。。


昨夜 あれ?濡れているって思ったんです

今朝調べてみたら、、、、、  お尻の横がまた赤く腫れている 化膿している?

早速 Eカラーを持って来て バチンと着けられてしまう
そしてあちこちで コツン コツンとぶつかるので 部屋に閉じ込め作戦
b0155830_1534942.jpg

エサもトイレも ネコ様のために 椅子も持って来て至れり尽くせりです
b0155830_15342686.jpg



9~10カ月位は大丈夫だったのに 今回はまだ5ヶ月経っていないのでは?
前回残っていたのか?
またどうして連休に・・・・・・・

明日の土曜日 どうしても連れて行かねば、、、

だけどどうして連休にこんなことになるの?
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-29 15:41

ボウ君

ボウが遊びに来ても ラッキーは一向に近寄りもせず無関心を装っている
二匹とも子猫ではないので 一緒に遊ぶとはいかなくっても
もう少し一緒に並んで座ったらいいものを。。。

それでは強引に一緒に遊ばないかと考えました
戸棚の中に眠っていた オモチャを出して

ぶら~ん ぶら~ん

椅子に座っていたボウが見つけて遊び始めました
b0155830_19521498.jpg


ドタバタ追いかけていると
b0155830_19572951.jpg



b0155830_1957478.jpg









やはり気になるのです

台所にいたラッキー

何をしているのか?

ドアの隙間から覗いて 

入ってきました



入ってきてボウと並んだけれども なんとなくぎこちない二匹です

ネズミのオモチャより 相手が気になります

b0155830_2003032.jpg



二泊したボウ君

「さあ 帰るよ」と

キャリーを目の前に置いても レスピーやラッキーのように逃げもせず すんなり入って帰って行きました


家に留まるラッキーは? 
台所にいたのに わざわざこちらの部屋に出て来て 
ソファーの後ろへ隠れます

隠れる場所は ソファーの後ろしか知らないの?
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-22 20:27

ボウ君が遊びにきました

ボウ君が遊びにきました

家に入ってきて クンクンと家の中を見て回り ラッキーにバッタリ

ラッキーの匂いを嗅いだところを ”バチン!”と猫パンチです 

ラッキーは今までこの家にいた強みです 一日目は何となく避けています

b0155830_191835.jpg

最初に目に付いたのはこれ きっとボウが気にいると思っていた爪とぎ 

ボウの動きを見ていると やはり若い
           (レスピーが14歳 ラッキーが13歳 ボウは12歳)
毛並みもつやつやして 長い足で家の中をすばやく走り回っていました
見覚えのある家 探検 探検と言うところです


 ラッキーさんは一匹になってから 一日ごろごろと寝て私が座っていれば膝の上
 喰っちゃ寝の生活です
 家猫の一匹の生活はそうなってしまうのでしょうか?

b0155830_1928289.jpg

家の中を見て回りつかれて一服



次の朝 猫の好きな場所は同じです
b0155830_19303139.jpg


のーんびり
b0155830_1931241.jpg


                                              つづく
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-21 19:32

眩しいよ

昼寝の最中だったラッキー

戸の開く音を聞きつけ出てきて 外の明るさに目をショボショボ
b0155830_15544952.jpg


b0155830_1555995.jpg

[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-16 15:55

ラッキー

いつもレスピーとコンビで一緒だったラッキー 

相変わらず後を付きまとい 淋しさを紛らわせてくれる存在です
b0155830_19345641.jpg


ラッキーも留守番の時は一匹でやはり淋しいのでしょう

短時間でも玄関の下駄箱の上でドアの開くのを待っていたりです
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-10 19:38

レスピー君の旅立ち


b0155830_145371.jpg
4月3日 午後6時10分 レスピーは旅立ってしまいました 14歳 (急性腎不全)

3月の18日の夕食からパタッとエサを食べなくなりました
以前にもハンストのようなことがあり エサを別のエサに換えて今のエサになったので
”このエサを嫌いになったら困るのに。。。”って

次の日も食べない、、、 もう制限食でなくてもいい 何でも食べたらいいからと
もともと食べていた ラッキーと同じエサを出してみました
でも食べない   考えてみたらウンチが出ていない   それで食べない?

連休が終わり3月22日の朝 獣医さんへ往診を頼みました
「一度連れ帰って検査をしてみます」と獣医さんへ

検査の結果 腎臓が悪かったのです 
血液検査の結果も悪く エコー レントゲン みな悲観的でした
24時間点滴を3・4日して 結果をみましょうと入院  多少はよくなっていてもそれでは追いつかない
結局一週間入院し考えた末 家で看取ったほうがいいのでは?と連れて帰りました


家に帰ってからは一日は缶詰を少々食べたが 後は水分だけ
前々から湯が好きだったので 口元に入れ物を持っていくとペチャペチャ最後の日まで飲んでいました

あとはひたすら ウトウト眠っていました

最後の日 午後二時半頃から寝返りを打つようになり 今日は辛そうと見守っていましたが
その日の夕方に息を引き取りました
病院で一週間 家で一週間でした

14歳 少し早い気もします もう少し元気で暮らせたらよかったのに...






b0155830_11352040.jpg

退院した日  ラッキーが 「どうしたの?」

b0155830_113601.jpg

退院 二日め 柵の戸を開けると サークルの外へ出て 日向ぼっこ

b0155830_11383720.jpg

毎日 ウトウト 



ラッキーは 何かを感じていたのでしょう

レスピーが入院中は一匹で いつも私のあとを追いかける猫でしたが 夜もべったりくっついて寝ていました

それがレスピーが帰って来てからは 夜になっても部屋に入ってこないで台所で寝ていたり

あまり寒いと知らぬ間にベッドの足元で寝ていたりしてました


昼間は 部屋の入り口で じーっと 見ていたりしていました






ラッキーは一匹となり 私のいるところへと相変わらず後を追って過ごしています

何を思っているのか 物言わぬ動物の気持ち こんな時には特に気持ちが通じ合えたらと思います
[PR]

by haguri145-1 | 2011-04-05 11:50
line

猫3匹 我が家に滞在するネコが 時々変わります


by haguri145-1
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30